小林歯科医院

江東区 亀戸 インプラント 小林歯科医院のインプラント治療は専門の大学病院口腔外科医が行います。

小林歯科医院 東京都江東区亀戸6-42-7   03-3681-1249 
亀戸 小林歯科医院紹介
院長ごあいさつ・治療方針
医師略歴・紹介
インプラント治療
インプラントと入れ歯の違い
インプラント治療の特徴
インプラントの高度な治療法
顎関節症治療
顎関節症とは
顎関節症の原因
顎関節症の治療
親知らず治療
「親知らず」とは
「親知らず」の治療
歯周病治療
歯周病とは
歯周病と糖尿病
ホワイトニング
ホワイトニングについて
ホワイトニングQ&A

インプラント治療

インプラントと入れ歯(義歯)の違い

インプラントとは

インプラントとは、失われた歯の代わりにチタン製の人工歯根を埋め込んで土台を作り、その上に人工の歯を被せる治療法です。インプラントと顎の骨がしっかり結合すれば、その上に丈夫で安定した人工の歯をつけることができます。つまり、インプラント治療により、天然歯のような見栄えだけでなく、これまでの入れ歯やブリッジでは満足することが難しかった“食べる・話す”という機能も回復できるようになります。歯根として使用する金属は、骨との結合性の優れた高純度のチタンで、様々なメーカーから生産されています。小林歯科医院では、ノーベルバイオケア・カムログ・アストラ等のインプラント素材を使用しており、患者様の症状に合わせて選択しております。インプラントはブリッジよりも格段に安定がよく、健康な歯を削る必要もありません。外見上も不自然さがなく、しっかり固定され、ほかの歯に負担をかけません。
インプラントとは

インプラント用の治療器具



部分入れ歯

取り外しができるのでブリッジのように健康な歯を削らずにすむというメリットがあります。しかし、不安定なため咬む力は弱くなります。違和感を訴える方もいます。
部分入れ歯

ブリッジ

失った歯の本数が少ない場合によく使われる方法です。取り外し式の部分入れ歯に比べれば、安定していますし、咬む力も回復できます。しかし、ブリッジは人工歯を支える健康な歯に負担をかけ、ブリッジを支える健康な歯を削らなければなりません。
ブリッジ

総入れ歯

部分入れ歯よりも、さらに安定が悪くなります。歯茎全体で入れ歯を支える形になり、咬む力もかなり弱くなります。食べ物の咬み心地が分からないため食べる楽しみも失われ、顎の骨がやせて合わなくなるとつくりなおす必要があります。

小林歯科医院 概要

院長
小林俊春
診療日

月曜日から土曜日
(木曜日休診)
診療時間
午前 9:00~12:30
午後 14:00~18:00
休診日

木曜日、日曜日
祝祭日
診療科目
歯科・歯科口腔外科
小児歯科
専門


日本顎関節学会認定医
日本歯科人間ドック学会
認定医
日本口腔外科学会認定
「口腔外科専門医」
住所
東京都江東区亀戸6-42-7
電話
03-3681-1249


インプラント
歯周病
顎関節症
親知らず
院長ごあいさつ・治療方針医師略歴・紹介インプラントと入れ歯の違いインプラント治療の特徴インプラントの高度な治療
顎関節症とは顎関節症の原因顎関節症の治療親知らずとは親知らずの治療歯周病とは歯周病と糖尿病
ホワイトニングについてホワイトニングQ&A
交通案内・地図医療機能情報サイトマップリンク集


 Copyright(c) 小林歯科医院 All rights reserved                      produced by FARO