小林歯科医院

江東区 亀戸 インプラント 小林歯科医院のインプラント治療は専門の大学病院口腔外科医が行います。

小林歯科医院 東京都江東区亀戸6-42-7   03-3681-1249 
亀戸 小林歯科医院紹介
院長ごあいさつ・治療方針
医師略歴・紹介
インプラント治療
インプラントと入れ歯の違い
インプラント治療の特徴
インプラントの高度な治療法
顎関節症治療
顎関節症とは
顎関節症の原因
顎関節症の治療
親知らず治療
「親知らず」とは
「親知らず」の治療
歯周病治療
歯周病とは
歯周病と糖尿病
ホワイトニング
ホワイトニングについて
ホワイトニングQ&A

顎関節症治療

顎関節症 とは


一種の現代病といってもいいかもわかりません。口を大きく開けると「かく」という音がする など以下のような症状がありますが、すべてが治療を必要とするものではありません。

耳の辺りがなんとなく思い感じがする
口を大きく開けると関節が痛い
グッと噛みしめると関節が痛い
口を大きく開けられない
朝起きると口が開かなくなっていたことがある
顎がよくはずれそうになる
関節が突っ張ったかんじで、口の開閉がスムーズにいかない
左右の関節の動きがずれている
「硬いものを食べたらあごが痛くなったがしばらくしたら治った」という程度の軽い症状を含めると日本人の二人に一人は何らかのあごの異常の経験があるのではないかとも言われます。このように放っておいても自然に治るものもあり、必ず悪化していくという疾患ではありません。患部を安静にする、問題のある生活習慣を改善する、薬を服用するなどの治療で改善される方も多くいらっしゃいます。

しかし重症になると手術が必要となったり、症状もめまいや痛みなど全身に及び、開口障害により食事の摂取が困難になったり精神的にも影響を受けるなど、日常生活に支障をきたすほどの症状に苦しむ患者さんもいます。

下顎の上端(関節頭といいます)と上顎の骨のくぼみの間には、関節円盤という軟骨があります。この関節円盤はいろいろな方向に、種々の筋肉で固定されていますが、関節の動きとともに下顎頭に連動して移動します。何らかの原因で関節円盤を固定している筋肉に緊張が起こり、関節円盤が関節頭の動きとうまく連動できなくなり、関節円盤が「つっかえる」状態となり、痛みや口が開きにくいという症状がでるのです。

小林歯科医院 概要

院長
小林俊春
診療日

月曜日から土曜日
(木曜日休診)
診療時間
午前 9:00~12:30
午後 14:00~18:00
休診日

木曜日、日曜日
祝祭日
診療科目
歯科・歯科口腔外科
小児歯科
専門


日本顎関節学会認定医
日本歯科人間ドック学会
認定医
日本口腔外科学会認定
「口腔外科専門医」
住所
東京都江東区亀戸6-42-7
電話
03-3681-1249
インプラント 歯周病
顎関節症 親知らず
院長ごあいさつ・治療方針医師略歴・紹介インプラントと入れ歯の違いインプラント治療の特徴インプラントの高度な治療
顎関節症とは顎関節症の原因顎関節症の治療親知らずとは親知らずの治療歯周病とは歯周病と糖尿病
ホワイトニングについてホワイトニングQ&A
交通案内・地図医療機能情報サイトマップリンク集


 Copyright(c) 小林歯科医院 All rights reserved                      produced by FARO